【WordPress/ConoHa WING】phpMyAdminを使って、新たなデータベース(新規テーブル)を構築する。

ConoHa WING
スポンサーリンク

どうもこんにちは、まったけです。

今回は、新しいブログを立ち上げるための前準備として、phpMyAdminを使って、データベース(新規テーブル)を作成していきたいと思います。

※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

phpMyAdminを使って、新たなデータベース(新規テーブル)を構築する

ブログ環境を整理

まず、まったけのブログ環境を整理してみたいと思います。

こんな感じですね。

  • サーバー    : ConoHa WING
  • WordPress  : cocoon
  • データベース : phpMyAdmin

今回は、phpMyAdminに新たなデータベース(新規テーブル)を作ってみたいと思います。

phpMyAdminの画面を表示する

まず、ConoHa WINGに入ります。

そして、上にあるアイコンの『WING』をクリックします。

その後、左にあるサイト管理をクリックします。

『WING』をクリックしたら、『データベース』をクリックします。

ユーザーのところにある、アクセスしたいデータベースをクリックします。

そうすると、情報が表示され、『phpMyAdmin』が表示されますので、クリックします。

phpMyAdminの画面が表示されますので、ユーザー名とパスワードを入力し実行をクリックします。

※もし、パスワード等忘れてしまった場合は、こちらの方法で確認することができます。

【WordPress】【ConoHa WING】phpMyAdminのユーザー・パスワードがわからないときの対処方法
どうもこんにちは、まったけです。みなさんには、隠していましたが、実は、もう一つのホームページを作成中です。今作っているのは、MySQLを使い自分のDBを組みそこから必要な情報を抽出するようなホームページにしたいのですが、そこは全くの素人でわ...

phpMyAdminにアクセス出来たら、新しいテーブを作成してみよう!

テーブルとは、データベースの一部で、データを保存する場所になります。

このテーブルがいくつも集まって、データベースになります。

テーブルを作成する

まずは、テーブルを作成してみましょう。

左のメニューの『新規作成』をクリックします。

新規作成をクリックすると、表が出てきます。ここにいろいろな情報を入力することで入れ物であるテーブルができます。

テーブルの詳細設定について

このテーブルは、非常に細かい設定ができますので、説明したいと思います。

名前

名前を入力します。名前は日本語でも入力できますが、普通は英語で入力します。

基本的に英単語や数字を使い、分かりやすい名前にするといいと思います。

データ型

データの値の種類を設定します。以下ではよく使うデータ型を列挙しています。

数値

  INT:整数型。-2147483648から2147483647に対応。

  TINYINT:整数型。-128から127に対応。

  BOOLEAN:true/falseを取る型。TINYINTと同等で、0がFALSE、0以外がTRUEとみなされる。

文字列

  VARCHAR:文字列型。文字数は「長さ/値」で入力した値が最大となる。

  ENUM:あらかじめ列挙された値(文字列)のリストから選択する。

日付・時刻

  DATATIME:日付+時刻。「2021-02-08 14:25:23」の形で表される。

 

データの方については、非常に種類がありますので、詳しくはこちらを参照してください。

MySQLのデータ型
MySQLで利用することができるデータ型と利用方法について解説します。

長さ/値

文字列型(VARCHAR)の場合、最大文字数を入力します。

ENUMの場合は、値のリストをコンマで区切って入力します。

文字数は、通常では累乗(4,16,256など)にするのが一般的です。

また、長さは余裕を持って設定しておきましょう。

デフォルト値

データの挿入時に値が指定されなかった場合に入力される値です。

ユーザー定義:任意の値を指定することができる。

NULL:空白になります。

CURRENT_TIMESTAMP:挿入時の日時をデフォルト値とします。TIMESTAMP型である必要はなく、日付・時刻型であれば設定できます。(文字列型や数値型でも一応可能。)

「Null」とは、値が入っていないということを表すものです。空文字とは異なります。

照合順序

「文字コード+言語名+比較法」を表しています。

例えば、「utf8mb4_general_ci」の場合、

  • 文字コード:utf8mb4 (utf8を4バイトに拡張したもの。絵文字が使用可能。)
  • 言語名:general (utf8にjapaneseはありません。)
  • 比較法:ci (大文字と小文字を区別しない。AAで検索すると、aaもマッチする。)

utf8mb4_general_ci:MySQLの設定にもよるが、特に指定しない場合はコレになる。

utf8mb4_unicode_ci:大文字小文字、全角半角、ひらがなカタカナを区別しない。

ひらがなカタカナを区別しないで検索したい場合には、「utf8mb4_general_ci」を指定しておくといいでしょう。

属性

フィールド定義を指定します。

UNSIGNED:負数が使えなくなる代わりに、扱える正の値が増えます。

例えば、TINYINT型は-128から127に対応しますが、UNSIGNEDにすると0から255に対応することになります。

UNSIGNED ZEROFILL:桁数をあわせるために、0埋めをします。

例えば、長さ4の場合「1」は「0001」となります。またZEROFILLを使う場合は、自動的にUNSIGNED(正の値のみ扱える)になります。

on update CURRENT_TIMESTAMP:データを更新したときに、値をその更新日時に変更します。

NULL

空白を使えるようにするかを設定します。

Nullはどのような型でも初期値であることが判断しやすいため、「値がなにも登録されていない」状態かどうかをチェックするのによく利用されます。

NullをSQLで検索する場合は、他とは異なり特殊な形で表します。

例えば、Nullである(ない)かどうかは以下の形で表現します。

インデックス

インデックス(索引)を設定します。

インデックスを使用すると、検索時に高速に処理することができるようになります。(参考書の巻末についている索引をイメージすればいいかと思います。)

また、インデックスには「ユニーク制約」というのを設定することができます。これは値を一意(同じ値を認めない)に制限するものです。

INDEX:インデックスを設定します。

UNIQUE:ユニーク制約を持ったインデックスを設定します。

PRIMARY:ユニーク制約+Nullではない(Not Null)制約を持ったインデックスを設定します。

PRIMARYは「主キー」と呼ばれ、そのデータを一意に特定することができることから、一般的には「id」に主キーを設定します。

主キーによってデータを一意に特定できることから、逆に主キーを設定しないと、データを一意に特定することができません。

したがって主キーを設定しないと、phpMyAdminでは各データの編集・削除をすることができません。

「主キー」は1つのカラムに対して設定するだけでなく、複数のカラムの組み合わせに対して「主キー」を設定することもできます。

例えば、「姓」と「名」の組み合わせでデータが一意に定まる場合は、「姓」「名」の組み合わせを主キーとして設定します。

A_I

ユニークな番号を自動で設定します。これは、連続した数字を自動的に入力されます。

AUTO_INCREMENTを設定すると、値が重複することがないため、ID(主キー)として使用されることが多いです。

カラムを移動させる

コメントをつけること上下に移動することができます。

テーブルの設定を完了

テーブルの設定をすると以下の様な感じになります。

全ての設定を設定を終えたら、保存をクリックします。

列(カラム)を追加する場合は、上に追加ボタンがあるので、必要な行数を入力しクリックします。

まとめ

今回は、phpMyAdminのデータベースに入り込み、新たなテーブルを作成してみました。

これで、いろんなデータをテーブルに入れてることができるようになりました。

このテーブルのデータを使って、ブログに表示できるようにしていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました