SBI日本高配当株式(分配)ファンドの組み込み銘柄をリベ大高配当銘柄に合格しているか確認する(安藤・間)

投資
スポンサーリンク

どうもこんにちは、まったけです。

第1段に続き『SBI日本高配当株式(分配)ファンド』に組み込まれた銘柄の『安藤・間』を検証していきたいと思います。

この銘柄はいいかなー、良い銘柄だといいなー

スポンサーリンク

高配当銘柄の条件

リベ大の高配当株の条件は以下ですね。再認識しましょう。

①売上高    → ブレが小さく、右肩上がり

②EPS     → 右肩上がり

③営業利益率  → 10%以上

④自己資本比率 → 最低40%以上、理想は60%以上

⑤営業活動によるCF→ 毎期黒字で右肩上がり

⑥現金等     → 増えていくのが理想(現金以外の換金性の高い資産も確認する)

⑦1株当たりの配当金→ 安定性・成長性を確認

⑧配当性向    → 30~50%が健全、高過ぎる場合は要注意

注意:上記条件はリベラルアーツ大学の高配当条件から参照しています。

SBI日本高配当株式(分配)ファンドの組み込み銘柄の確認

まずは下記の組み込み銘柄を確認していきましょう。

今回は、安藤・間ですよ。

ちなみに私が判定する基準は以下です。

条件以上         ○
条件をほんの少し下回る  △
かなり下回る       ✕

高配当銘柄『安藤・間』を確認

①売上高

さて、まずは売上高ですね。条件は、『ブレが小さく、右肩上がり』です。

なんか、だめですね。ほぼ横ばいですかね。✕です。

②EPS

次は、EPSです。条件は、『右肩上がり』です。

なんともまー。右肩上がりと言えませんね。ここも✕です。

③営業利益率

次は、営業利益率です。営業利益率って言葉は見つからなかったので『営利率』で確認です。

条件は『10%以上』です。

まったくだめじゃん。✕です。

④自己資本比率

さて次は、自己資本比率です。この条件は、『最低40%以上、理想60%』

2020年ころから40%以上ありますね。△かなー。

⑤営業活動によるCF

次は、営業活動によるCFです。条件は『毎期黒字で右肩上がり』ですね。

赤字がありますね。ダメです。✕ですね。

⑥現金等

条件は、『増えていくのが理想』です。

最近減っていますね。だめですね。✕です。

⑦1株当たりの配当金

次の条件は、『安定性・成長性を確認』です。

ここだけは良さそうですね。約10年前から徐々に増えています。○ですね。

⑧配当性向 

 さて次の条件は『30~50%が健全、高過ぎる場合は要注意』です。

最近は、良さげな感じですね。配当性向上がってきたので、配当金も増えてきてるんですかね。

△にしておきましょう

総合判定結果

結果は、下記のようになりました。総合判定としては、✕かなー

ここんところ急激に配当金が増え高配当株になったばかりの銘柄って感じですかね。

今のところ✕ですが、今後数年経過したらまた違った判定になるかもですね。

①売上高      ✕ → ブレが小さく、右肩上がり
②EPS       ✕ → 右肩上がり
③営業利益率    ✕ → 10%以上
④自己資本比率   △ → 最低40%以上、理想は60%以上
⑤営業活動によるCF ✕ → 毎期黒字で右肩上がり
⑥現金等       ✕ → 増えていくのが理想
⑦1株当たりの配当金 ○ → 安定性・成長性を確認
⑧配当性向      △ → 30~50%が健全、高過ぎる場合は要注意

まとめ

今回は一目瞭然ですね。✕ばっかりです。最近の配当金が上がってきているので組み込まれている感じですね。

ちなみに皆さんの銘柄判断ってどうでしたか?

次の確認銘柄は、『日東工業』を確認してみたいと思います。

それではまた。

スポンサーリンク
投資
まったけをフォローする
まったけBASE

コメント